MicrosoftのIPで最高のFPSであり、マスターチーフとコルタナの物語を描いた HALO4レビュー

初めてのXBOXとの出会いは東京ゲームショウだ。いつの東京ゲームショウか忘れてしまったが、確かPSP goが発表された年。プレイステーションと同じ規模の展示スペースが設けられた緑のゲーム会社。あの衝撃が忘れられない。それからXbox360に興味はあったが中々購入には至らず何度もプレイする機会を逃してきた。しかし、今年(2018)のブラックフライデーセールでXbox one xが1万円引きになりついに購入。Xbox でしか出来ないゲームは何だろうと考えた時に真っ先浮かんだのはHALOだった。HALOに関する事はあまり知らなかったけどバトルアーマーを着た人が戦う位は知っていた。



XBOX GAME PASSに収録されているのでもし加入していたら一度触れてほしい。



その時僕はこれが運命の出会いだとは思いもしなかった。インストールしHALO1から始めたが正直なところ初代Xbox の時代のゲームなので操作性や敵の硬さ、ステージ1つ1つの作りが現代のゲームと比べると単調でゲームプレイはそこまで楽しめなかった。しかし、それを補ってくれたのはストーリー部分だった。まるで某スペースオペラのようなシナリオの虜となり、早く次が知りたいと思いあっという間に2.3とクリアしていた。

シナリオ

コヴナント戦争の後の話。コルタナと一緒に新たな敵と立ち向かう



今作は製作会社が変わり343 Industriesになって初めてのHALOであり新たなシリーズ3部作の1作目である。1~3の様な話の流れでは無く、よりシネマティックなシーンが増えた。無口であったマスターチーフが今作では良く話すようになりマスターチーフの感情が感じ取りやすくなった。お陰でプレイヤー側から見て道具としての存在が大きかったコルタナが、チーフからはより身近で尊い存在である事を認識できる様になった。



触り心地

1~3までの操作感はDOOMなどの一昔前のFPSという印象だったが、4からはCODやBFといった近年のものに近い触り心地に変化した。だからと言ってHALO感が無くなった訳ではなくちゃんとHALOらしさがしっかり残っている。前作まであった両手持ち出来る武器が無くなり変わりに火力の高い武器が多くなった。今作ではマーカーが頻繁に表示されるのでマップ上で迷子になる心配はなくなった。



もし君がXboxを持っていなく興味があるなら、今すぐ買った方がいい。PS派 任天堂派 Xbox派 ゲームハードには様々な派閥があって日本のXbox は派閥から見ると下で敷居が高い。だけど、そんな事は気にせず触って欲しいそう思う。

HALOはゲーム界のスターウォーズだと思う。

こんないいゲームに出会えて私は幸せ者だ。

また近いうちにチーフに会いたい。

 

この記事は過去に作成したものです。

Wolfenstein II:The New Colossusのレビューもしています!

 



コメントを残す

CAPTCHA