「MagSafe」対応バッテリーのコンセプト「MagSafe Power Pack」の登場で「iPhone 12 mini」のデメリットを補えるかもしれない!

「iPhone 12 mini」は「iPhone 12」と同じスペックでサイズが小型化されたモデルだが、一つだけ弱点がある。それは小型化によるバッテリー容量の減少だ。今回はそんな「iPhone 12 mini」の弱点を補えるかもしれないガジェットの可能性が出てきたので紹介したい。

 

 

「iPhone 12」シリーズから対応する「MagSafe」は従来の「Lightningケーブル」を使用することなく充電することができる優れモノだ。といってもQi充電と同じじゃないかと思うかもしれないが大きく違う点が一つある。「MagSafe」には磁石が内蔵されており、「iPhone 12」のボディに張り付くことで毎回位置を気にする必要がなくなった。このおかげでQi充電の位置がずれて充電できていないという事故を防ぐことができるだろう。

画像はAppleの公式ホームページより

「MagSafe」の搭載により、iPhoneの拡張性という可能性が生まれた。今までiPhone背面に対応したアクセサリーはバンカーリングや保護ケースなど限られたものしか販売されていなかった。新規企画の「MagSafe」の磁力により、カードケースなど従来の使い方以外にも様々な用途が生まれるだろう。今回紹介するバッテリーはこの「MagSafe」を利用したモバイルバッテリーの「MagSafe Power Pack」だ。



「MagSafe Power Pack」は「MagSafe」を利用したモバイルバッテリーで、充電時にiPhoneの背面へ貼り付けるだけで充電できるので無駄に「Lightningケーブル」を持ち歩く必要が無くなるだろう。今までにも「Smart Battery Case」のようにバッテリーを内蔵したケースなどはApple公式から発売されていたが、今回のモバイルバッテリーは取り外しができるので前者よりも気軽に取り扱うことができ、ケースを装着することで生まれる厚みを気にすることが無くなる。「iPhone 12 mini」のバッテリーに不安を抱いていた人にはこのアクセサリーは必須だろう。今回紹介したバッテリーはコンセプトの域を脱していない。しかし、これから何らかの形で似たようなデザインのバッテリーは発売されるだろう。

「MagSafe」の規格はAppleがオープンソースとして公表しているので、「MagSafe」を活用したアクセサリーが今後増えていくだろう。「MagSafe」対応というわけではないが、先日発売された「Osmo Mobile 3」のように「MagSafe」の磁石を利用したジンバルなど発売してくれれば気軽にジンバルを扱えるのに…と思っている。まだ「MagSafe」の企画は公表されたばかりなので数こそ少ないが、これから新しく開発されるアクセサリーの可能性に期待していきたい。

「iPhone 12 mini」の予約開始は11月6日に迫っているので早くiPhone 12 miniを選ぶか、「iPhone 12 Pro Max」を選ぶか早く決めないと…。

 

「MagSafe」に対応したモバイルバッテリーを集めました!

 

 

 



コメントを残す

CAPTCHA