バイオハザードヴィレッジをクリアした感想・レビュー【PS5】

バイオ8クリアしたのでその感想を述べていきます。タイトルにもある通りネタばれアリなので注意してください。

本作のアクション部分に関する感想

基本的には前作と変わっていないバイオの独特な操作感なんですけど、リロードの際に弾を打ち尽くすかのこったままリロードするかでモーションが変わったり細かな点がアップデートされているような感じですね。

登場する敵キャラクターはどれもかなり体力が多くて、これまでのシリーズを遊んでいてもかなり硬くて感じましたね。

あと、武器を持っている方の手を打つと落としたり、膝撃つとひるんだり、バイオ4のような戦い方ができる。工場に登場する敵とか弱点が存在して、そこを狙わなきゃいけなかったり、FPSになって弾を当てやすくなった分イレギュラーな動きを連発してくるので緊張感のあるバトルが楽しめました。

ボスバトルも楽しかったな。変異する形態も個性的だし、モロー戦とかバイオ4を思い出しましたね。ヴぇネヴィエントの家で出てくる赤ちゃんとかあれはずるいし怖すぎる。

登場する武器も多くて、ライフルとか出てくるのも戦術が広がって良き。商人に頼んで武器を改造してもらったりできるし、改造パーツ付けると性能が上がったり集めるのも楽しかったですね。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version

謎解きとフィールド部分に関する感想

 

本作の謎解きの難易度は結構低めなんじゃないかな?少し考えればわかるレベルの仕掛けばかりだったので少し物足りなく感じた。正直謎解きよりも村の探索の方が時間かかって難しかった気がします。

村を中心に各ボスのフィールドに向かうことができたんですけど、どれも景色が異なっていて雰囲気も違いますね。ヴぇネヴィエントの家とか滝の横に家があって壁紙の状態から湿気が多いんだろうなとか感じ取れるくらい作りこまれていて、特にモローのフィールドはバイオ4中盤の池近くのシチュエーションに似ていて好きですね。苦手だったのはハイゼンベルクのフィールド。登場する敵が武装していてリアクターを狙わないとあまりダメージが入らなかったり、球数が足りなくて大変だったなって思います。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version

グラフィックスやサウンド部分に関する感想

 

PS5の性能を活かしたグラフィックはとても良き。特にキャラクターのモデルとかばあさんもしわとかすごかったし、ドミトレスク城とか装飾品の細部まで作りこまれていて、逆にあそこを探索してから他のフィールドに行くと物足りなく感じます。

汚いがきれいだし北米版のグロの表現も良かったけど思っていたより控え目だなって思いました。リアルタイムレイトレーシングに関してはマザーミランダが電話してるシーンで鏡に映るシーンがあったんだけど思ってたより鏡に映ったミランダががくがくしてて、これからの課題なのかなって思いました。

サウンド面は注意しないと気付かないだろうけどかなり進化していた。前作ではなかった銃声の反響音がしたり、3Dサラウンドのおかげで敵に囲まれてもなんとなく場所が分かる。逃げるシーンとか緊張感ある曲が流れるし、EDの曲も良かった。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version

物語部分に関する感想

 

ハイゼンベルクの能力とか動く人形とか、終始これバイオハザードとしてどうなのアリなの?っていうシーンが多くて今までのバイオ像を払拭するような振り切った演出が多かったけど、どれも良かったし、最終的にちゃんとなぜそういうことになっていたのか理由も判明するので問題なかったです。イーサンの腕が切り落とされた後に薬液でくっつけるシーンは笑いました。

バイオ7から登場していた菌に関する物語で、これまで登場していたアンブレラの開発したウイルスと今回登場する菌の関係が明らかになって、なぜウイルスが誕生したのか判明するのでかなり重要な物語でした。クリスの所属するアンブレラと闇落ちしたBSAAの物語が楽しみですね。DLCじゃなくて9でいいからしっかり描いてほしいなって思います。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version

これどうなのって思ったところ

アタッシュケースの管理

 

一番大きいサイズのものを購入していれば問題なかったし、同じ武器でも何種類か持っていると容量が圧迫されるけど必要な武器だけ持っていればほとんどその心配がなかった。多分、バイオ4と比べると弾薬が手に入りにくかったりパイプ爆弾系がまとめて管理できたりするのでアタッシュケースを圧迫しないんですよね。遊びやすくなった分管理する楽しさが薄れてしまっている気がします。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version

ボスキャラクターの扱い

 

ボスキャラクターの個性強くて魅力的なのに、いざ戦う場面になるといきなり変異体になっててちょっと物足りないと言うか、過去作のタイラント系とかG系の敵みたいに戦闘を重ねながら徐々に変化する過程が見たかった。その辺はドミトレスクに関しては割としっかり尺がとられていた分ほかの敵があっさりしているし、探索時間的にも短くてあっけない感じがしました。個人的には変異する前のハイゼンベルクと戦いたかった。あんな強そうでハンマーとか持ってたのに結局戦うのって変異後だけだったりするし…。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version

クリア後の得点について

 

クリアするとポイントで無限武器を開放したり、マーセナリーズを開放したりできるのですが、過去作より武器の開放が楽になってていいなって思うし、種類も多いし周回してもいいかなって思えるくらい沢山の要素が用意されています。マーセナリーズは過去にも何回か収録されているけど、フィールドも相まって4のマーセナリーズに近い雰囲気かな。楽しくてSSSランク目指したくなる。隠し武器とかもあるらしいのでそれも欲しいですね。

僕の感想はこんな感じですかね。動画でも感想を話しているのでそちらも見ていただけると!

コメントを残す

CAPTCHA